読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケターの妻、フリーへの道

弱小Eコマース担当者の仁義なき戦い

マーケターの妻、勇気づく

f:id:cham1030:20161104083037j:plain

おはようございます、TSUMAです。

 

春でもないのに眠いですね。

ランチのあとなんて、結構気を失っている瞬間があります。

 

眠ってしまった方がいいんでしょうね、そんなときは。

でも、そうもいかないんだなあ。組織にいるって大変だなあ。

 

 

昨日は割と自由に仕事ができたので、

ちゃんと読めていなかったメルマガなどを就業中に読んでいました。

 

考える人のメルマガを開けてみると、

断然見やすく改善されていたので、大変嬉しかったです。

以前はちっちぇー字を必死で目で追っていたのですが、

今回リキッドデザインにしたのか、見やすくなっておりました。

ビジュアルも多かったような気がします。

 

また、はは~沁みるなあ、というお言葉がありましたので

ご紹介します。

 

「僕の前に道はない/僕の後ろに道は出来る」

高村光太郎「道程」

 

当たり前なんだけど、

そうだなと。

 

私は道を間違えたかな、、とか思ってしまう時ってありませんか?

これでいいのか?

お先真っ暗じゃない?

違う道の方がよかったかも?

 

違うんですね。

あなたの前に道など元からないのですよ。

あなたが歩いているのが、

コンクリートの上なのか荒野なのかジャングルなのか

知りませんが、

あなたの一歩が道になるのですね。

 

先駆者!

とかではなく、その人が選ぶやり方を尊重しているように

私には感じたので、非常に勇気をもらいました。

 

たまには後ろを振り返ったり、戻ったりしてもいいかもしれないしね。

それが、またUターンなりの道になる。

 

 

一歩一歩、道を作っていきましょう。

それぞれの。

てめえの道はてめえで作ろう。

誰かのレールの上を歩んでいるんだと思っていても、

それはあなたが選んで、

そしてあなたの後ろにはすでにその道が出来てしまっているのだよ。

人のせいにしない。

 

そう常に考えられるように訓練がいる気がする。