読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケターの妻、フリーへの道

弱小Eコマース担当者の仁義なき戦い

マーケターの妻、認識する

f:id:cham1030:20161012091117j:plain

おはようございます、TSUMAです。

 

 

 

この画像前にも使ってそうだなあ、

と思いつつ使っています。

 

ここのピザおいしかったなあ。

 

 

 

 

 

 

最近本を持ち歩きません。

 

荷物が重くなることがすきじゃないからです。

 

 

 

しかも、私が持ち歩くような本は

だいたい分厚くてさらに重い。

 

 

 

なので、

ザ・レスポンスのブログを見ることが増えています。

 

 

最近読んでいた

リッチ・シェフレンの記事。

 

「凡人とトップパフォーマーとの違い」

 

 

気になるでしょう。

タイトルだけで。

 

 

 

 

 

 

人間は何らかの危険に遭遇したとき、

自己防衛本能が反応します。

 

1、すくむ

2、逃げる

3、戦う

 

 

このような反応は全てプログラミングされており、

無意識に動いています。

 

 

 

これを仕事に対する気持ちに置き換えると、、、

 

1、すくむ

どんなに重要な仕事であれ、それを無視する言い訳をあれこれ考えます。

行動を起こさない理由を探します。

 

2、逃げる

自分は成果をあげていると思いたいがために、

やらなくていいことをやり始めます。

メールチェックや、夢中でネット上の記事を読み漁ったり。

仕事は何もしていないのに、多忙な状態をつくりだします。

 

3、戦う

とうとう何かをしなければならない状況になり、

あなたも実際行動する心の準備ができているはずです。

逃げ道は一つもない中、猛烈に集中し働き続けます。

アドレナリンがドバっとでる状態です。

 

 

 

この、人間に備わった抗えない反応をどうコントロールするか。

 

それが違いです。

 

トップパフォーマーは、

「すくむ」「逃げる」という反応を認識し、

戦略的にそれらの反応に対して対処しています。

 

 

対処、まで考えられなくても、

まずはそういう反応がでているな、と認識するだけでも

パフォーマンスが変わるのでは、と思いました。

 

 

 

 

 

 

あー先延ばしにしてる。

逃げてる。

 

と思いながら、

私もこれを書いていますが。

 

認識することができたら、

あとは対処だね!

 

 

 

 

それが、凡人脱却の一手だ、自分。