読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケターの妻、フリーへの道

弱小Eコマース担当者の仁義なき戦い

マーケターの妻、刺さる

f:id:cham1030:20161117085328j:plain

おはようございます、TSUMAです。

 

今週末に大切な友人の結婚式があり、

友人代表スピーチをまかされているのですが、

今から緊張で吐きそうです。

 

胃に何かがズシャーって流れ込むような感覚が襲ってきます。

 

先ほどほぼ原稿出来上がったなあと思って、

音読してみましたが、もう声が震えて泣いてしまう。

 

 

当日は必ず泣くと思いますが、

あまり泣きすぎるとあとに響くので、ちゃんと練習して臨みたいと思います。

お酒もほどほどにせねば。

 

 

おいしいごはんもいろんな人に会えるのも楽しみだなあ。

全然何着るか考えてないけど、やべえなあ。

 

 

 

 

 

私は本を読んだり、何か学んだりすることがすきです。

ラジオや街角で見た何か、とかからも割となんでも吸収する方だと思います。

(記憶力がいいというのもあるかもですが)

 

昨日、またまたリッチ・シェフレンのお話を読んでいて、

ぐさっとくるものがありました。

 

ジャスト・イン・ケース知識は時間のムダである

 

ジャスト・イン・ケース

そのままです。

万が一に必要な知識。

 

それが成功への障害だと。

 

”どうやるか”にフォーカスする前に、”何をするか”にフォーカスしなくてはならない

と言います。

 

 

あなたの成功のために必要な戦術やオプションをすべて知ったうえで、

確信をもってそれらを選択できているでしょうか?

 

 

頭でっかちに知識ばかり入れて、本当に必要な戦術はどれだかわかっていない。

”どうやるか”ばかりムダに知っている。

 

必要なのは、「ジャスト・イン・タイム」の知識だけです。

すぐ使えないと意味がありません。

 

 

 

 

これ私やーん。

と思って。

本もたくさん読むし、いろんなところで知識をひろってくる。

 

まあ、学ぼうと思って知識を入れるのと、入ってきちゃったのは異なりますが。

 

 

頭でっかち、、

何かと理由をつけて問題を先延ばしに。

 

疲れている。(お前の体力がないだけ)

時間がない。(時間のせいにするのは最低です)

そんな気分じゃない。(ニートかよ)

。。。

 

 

 

自分にも他人にも言い訳はやめよう。

このことで損するのも得するのも私だし。

 

だったら得したいし。

 

 

ダイレクト出版の寺本さんもおっしゃっていますが、

ライティングは筋トレのようなものだと。

 

やればやるほど鍛えられるのだと。

 

そうですね。

ほんとうに。

 

 

いい加減リミットが近くなってきているので、

気持ちは急いていますが、

筋トレを怠ってはいざというときに役に立ちませんからね。

 

とにかく進もう。