読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケターの妻、フリーへの道

弱小Eコマース担当者の仁義なき戦い

マーケターの妻、偲ぶ

f:id:cham1030:20161106115358j:plain

こんにちは、TSUMAです。

 

明日は、立冬なようです。

気持ちの良い天気が続いていますね。

ちょっと暖かい。

 

毎週末だいたい朝にパン屋に行って、ブランチをとることが習慣となりつつあります。

今日も近所のパン屋へ。

散歩がてら遠回りしていってみました。

 

早すぎて、どこのパン屋もほぼやってなかったですが、、

最近お気に入りのところに落ち着き、お気に入りの塩パンに舌鼓。

 

どこでも置かれていることが多い、塩パンですが

だいたい油っぽいの多くないですか?

だから、あまりすきじゃなかったのですが、

このお気に入りのパン屋が作るものは、底面は中のバターが溶けてさくっと、

他の部分はソフトフランスのような、硬すぎず柔すぎずでうまあい。

お値段もかわいいので、このパン屋ならマストバイ

 

考えてたらまた食べたくなってきた。

 

 

私の会社では、購読誌がいくつかあって、

自由に読めるように置かれています。

 

何気なく、雑誌をたぐっていたところ

私にとってはゆかりのある字面が目にとまりました。

 

決して上手とは言えないけど、愛嬌のあるポールスミス氏の字。

 

写真家として依頼されることもあるほどの腕前をもつポール氏が撮影した、

美しい朝日の写真の上に直筆でこう書かれていました。

 

Every day is a new beginig

毎日が新しいはじまり

 

ポールさんが良く口にする言葉。

ポジティブで新しいことを恐れないサー・ポールスミスが紡ぎ出すデザインや言葉は、

エネルギーに満ち満ちています。

 

そんな彼の言葉は、あまりにも普通でよくある言葉かもしれません。

でも、あたりまえのことをおろそかにする人に成功者はいません。

 

 

お前のことだよ、わたし!

と思います。

へい、その通りでやんす。

と思います。

 

今日は新しいはじまり。

落ち込んでても、下を向いてても

もう、はじまっているね。

 

だったら、よいはじまりがいいよね。

うまいパン食べて、フルーツ食べて、コーヒー飲んで。

昨日の仕事の続きがあるかもしれないけど、

新しいはじまり、と思えば新しいアイディアがうまれるかもしれない。

 

私は少なくともそういうタイプだから、

ポールさんの言葉に共感できました。

 

あなたはどうでしょうか?

 

「はじまり」を意識するだけで、

気持ちがしゃきっとしませんか?